「すれ違いのダイアリーズ」主演女優プローイ出演作品(2)/「グッバイ・サマー」

「すれ違いのダイアリーズ」主演女優プローイ出演作品(2)
「グッバイ・サマー」


GoodbyeSummerPoster1.jpg


 現在、日本で劇場公開中の「すれ違いのダイアリーズ(先生の日記/ティーチャーズ・ダイアリー/キトゥン・ウィタヤー/Teacher's Diary)」の主演女優チューマーン・ブンヤサック(ライラー・ブンヤサック/プローイ)
 第二回目は、「グッバイ・サマー(Goodbye Summer)」<1995年>です。トレーラーはありません。

 青春ものドラマ。ダーオ(チューマーン・ブンヤサック)らの高校生?たちは、ひと夏?の留学をするためにイギリスへと向かう。そこでは、恋にまつわる騒動が待ち構えていた…というストーリー。
 ファイブ・スター・プロダクション作品。変なタイ式コメディー的要素はほとんどなく、しっかりとした作りとなっているので好感が持てる。授業シーンがあまりないためになんだか勉強ではなく遊びに来ているような感じを受けるが、その辺は我慢だ。もう少し、イギリスの情緒を描いてもよかったかもしれない。とにかく、1990年代の作品としてはよくできている。
 この作品は、セクシー女優チューマーン・ブンヤサックの記念すべき事実上の映画デビュー作だ(正確には、この作品の前にその他大勢役?で一本出演している)。彼女がまだ13か14歳の時である。大人になった彼女は結構美人だと思うが、この当時の彼女はごく普通の女の子という感じだ。本作では、眼鏡をかけて登場し、あまり美人ではない奥手の女の子を演じている。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー(「すれ違いのダイアリーズ」)


にほんブログ村

テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ