女性寄宿学校での男性先輩霊とのロマンスと事件と・・・ 「シニアー(ルン・ピー)」

シニアー(ルン・ピー)/Senior


SiniorPoster1.jpg


 ホラー。修道院系の寄宿学校で学ぶ女学生ニン(ヤーンニーン・パーラウィー・ワイケーン)。彼女は、男子学生の霊ルン・ピー(先輩の霊?)が見え、話すこともできた。そんな学校の中で、彼女の友達が自殺してしまい…というストーリー。
 M-Thirtynine社作品。例年だと、同社は年末に作品を公開するのだが、「スター・ウォーズ(Star Wars: Episode VII - The Force Awakens)」が公開されるためか12月の頭に持ってきた。大不振にあえぐ同社だが、今回は映画界では無名?のヤーンニーン・パーラウィー・ワイケーンを主演に起用してきた。これは、予算がなかったのであろうか?新鮮さを狙ったのであろうか?興行収入は、23.34百万バーツとコケはしなかったが普通の成績に終わった。
 作品に、コメディー的な要素はない。主人公が物のにおいをかぐと、そのものに関することが分かるという設定には面白さがなかった。また、作品の怖さもほとんどない。それと、霊が物を持ち上げたり手で本のページをめくったりすることができるという設定には大きな疑問が残る。全体的に、企画とストーリー展開がいまひとつ。それに、怖さも不足している。
 主演女優のヤーンニーン・パーラウィー・ワイケーンは、映画出演は「キータラーチャニポン ボット・プレーン・ナイ・ドゥアン・チャイ・ラート(Keetarajaniphon Bot Pleng Nai Duang Chai Rat)」<2015年>の中の「スマイルズ(Smiles)」に続きこれが二本目で初の本格的主演作品。映画公開年で、まだ15歳の歌手だ。
 ウィシット・サーサナティアン監督は、日本で公開された「カメリア(Camellia)」<2010年/韓国、日本、タイ>の中の「アイアン・プッシー(Iron Pussy)」、「シチズン・ドッグ(Citizen Dog)」<2004年>、「怪盗ブラック・タイガー(Tears of The Black Tiger)」<2000年>、日本でDVD化された「レッド・イーグル(Red Eagle)」<2010年>や「サワッディー・バンコク(Sawasdee Bangkok)」<2009年>の中の「サイトシーイング(Sightseeing)」、「見えざる者(アンシーアブル/The Unseeable)」<2006年>などを手がけている。原題は、「先輩(上級生)」という意味。

[ タイのDVD販売サイト ]



[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ