「すれ違いのダイアリーズ」主演女優プローイ出演作品(9)/ 「イターニティー」

「すれ違いのダイアリーズ」主演女優プローイ出演作品(9)
「イターニティー」


EternityPoster4.jpg


 日本で劇場公開されたタイ映画「すれ違いのダイアリーズ(先生の日記/ティーチャーズ・ダイアリー/キトゥン・ウィタヤー/Teacher's Diary)」の主演女優チューマーン・ブンヤサック(ライラー・ブンヤサック/プローイ)の出演作品紹介です。 第9回目は、「イターニティー(Eternity)」<2010年>です。この作品では、なんと彼女がヌードを披露しています。とても美しい裸体でした。

 ファンタジー・ラブ・ストーリーとでもいったらいいであろうか。1943年に書かれたMalai Chupinit(มาลัย ชูพินิจ)の小説の三度目の映画化。1930年代初頭を舞台にした、ある猟奇的な愛の物語。物語の舞台は、ビルマ(現ミャンマー)に近いタイの国境地帯のカーンチャナブリーの山中。大きな屋敷に住むパポー(ティーラポン・リアオラックウォン)は、バンコクのクラブへ出かけた時に妖艶な女性ユップディー(チューマーン・ブンヤサック)に一目ぼれし連れ帰り結婚する。そんな時、若い甥?のサーモーン(アナンダー・エバリンハム)が屋敷にころがり込んでくる。やがてサーモーンとユップディーとの間に禁断の愛が芽生え・・・というストーリー。
 タイのアカデミー賞といえる第20回スパンナホン賞で、作品賞、編集賞、主演男優賞<アナンダー・エバリンハム>、美術賞、衣装デザイン賞を受賞した作品。映像がエキセントリックで北タイとミャンマー文化の感じがよく出ており、時代感があっていい雰囲気を出している。音楽も、雄大で時代感がありいい。俳優陣(アナンダー、チューマン、ティーラポンら)も、それぞれが味のあるいい演技を見せてくれている。名前が分からないが、少数民族の中年の女中役をやっていた怖い表情の女優Daraneenuch Pothipithiもいい。
 主演女優のチューマーン・ブンヤサックは厚化粧で出てくるが、化粧をしていないと結構美人だ。この人、見覚えありませんか?イメージが全然違いますが、日本でもDVD化されたブッパラートリー・シリーズの「609 (ロクマルキュウ)」<2003年>でブッパー役をやっていた女優さんです。「地球で最後のふたり(Last Life in the Universe)」<2003年>では、姉妹で出演し浅野忠信と共演していました。ラブ・シーンは吹き替えなしとのことなので、彼女が本当に脱いでいることになります。彼女だけでなく、アナンダーもヌードを披露しています。
 スパナホン賞の主演男優賞を獲得した彼女のお相手役は、「心霊写真(Shutter)」<2004年>、「ミー・マイセルフ 私の彼の秘密(Me...Myself)」<2007年>などで日本でもなじみのあるアナンダー・エバリンハム。
 作品的には前半は結構よかったのだが、後半ははしょって物語を進行させたような感じで全体的には残念な出来となってしまっている。特に、二人が鎖でつながれてからの生活の様子をもっと丁寧に描いてもいいのではないだろうか。ここがひとつの見せ場だと思うのだが。ただ、すでに上映時間が二時間を超えているので、これい以上丁寧に描くと大変なことになってしまうのは確かだが。と思ったら、上映時間が3時間10分というディレクターズ・カット版も公開されている。
 また、最後はどうして女性の方が・・・したのかが理解に苦しむ。二人一緒なら理解できるのだが。でも、二人一緒だと物語がつまらなくなってしまうが。「15歳超視聴可」の年齢制限が付いている。興行的には、US$1,147,000とヒットを飛ばしている。

[ タイのDVD販売サイト ]



[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ