ベトナム戦争中に起きた、戦争犯罪の実話の映画化/「カジュアリティーズ」

カジュアリティーズ/Casualties of War


CasualtiesOfWarPoster1.jpg


 アメリカ映画。ベトナム戦争もの。実話に基づいた作品。1966年、新兵のエリクソン(マイケル・J・フォックス)は、ミザーブ軍曹(ショーン・ペン)指揮する五人で構成された小隊にいた。小隊は偵察の任務に出たが、ミザーブ軍曹の指示である村で若い女性(Thuy Thu Le)を誘拐し、挙句の果てに強姦して殺してしまった。エリクソンはそれが許せず上官に相談するが、真剣に取り合ってもらえなかった。そのため、彼は正式に訴えて出ることに…というストーリー。
 事件の問題点を深くえぐった作品とは言えないが、出演者たちの演技が素晴らしい。こういう役が彼の持ち味だという人もいるが、ショーン・ペンの鬼気迫る上官役はすごかった。それに対する、悩める新兵のマイケル・J・フォックスもよかった。同僚役のドン・ハーベイ、ジョン・C・ライリーやベトナム人女性役(二役)のThuy Thu Leもいい味を出していた。
 この作品が製作された当時、ベトナム戦争もの作品がたくさん作られた。しかし、ベトナムでの撮影はできない時代であったので、多くの作品はタイなどで撮影されている。この作品のどの部分がタイで撮影されたのかは分からないが、プーケット県やパンガー県でも撮影されているとのこと。また、ベトナム人女性が殺される鉄道橋のシーンは、カーンチャナブリー県の「戦場にかける橋」で有名なタイ国鉄ナムトック線(旧泰緬鉄道)のアルヒル桟道橋で行われた。原題は、「戦争の死者」と訳すのであろうか?



[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ