「すれ違いのダイアリーズ」主演女優プローイ出演作品(10)/「ウモーン・パー・ムアン - 羅生門」

「すれ違いのダイアリーズ」主演女優プローイ出演作品(10)
「ウモーン・パー・ムアン - 羅生門」


UMongPaMeungPoster1.jpg


 日本で劇場公開されたタイ映画「すれ違いのダイアリーズ(先生の日記/ティーチャーズ・ダイアリー/キトゥン・ウィタヤー/Teacher's Diary)」の主演女優チューマーン・ブンヤサック(ライラー・ブンヤサック/プローイ)の出演作品紹介です。 第10回目は、「ウモーン・パー・ムアン - 羅生門 (アウトレイジ)」<2011年>です。この作品では、主演ではないものの彼女の美貌と妖しさをいかんなく発揮していました。

 日本映画の芥川龍之介の原作を黒澤明が監督した「羅生門」<1950年>のタイ版リメイク作品。黒澤明監督生誕101年と、「羅生門」を演劇化したタイの文豪ククリット・プラーモートの生誕100年を記念して製作された。若い僧侶(マーリオー・マオルー)と貧しい木こり(マム・チョクモク)が、パームアン・トンネル(洞窟?)へとやって来る。そこには醜い姿の葬儀人(ポンパン・ワチラバンチョン)がおり、僧侶と木こりは自分たちが見聞きした盗賊シン(ドーム・ヘトラクン)により名士(アナンダー・エバリンハム)が殺され、その妻(チューマーン・ブンヤサック)が犯された事件の様子を語り出す…というストーリー。
 場所的には話の舞台が「羅生門」が「パー・ムアン・トンネル」に変わっているが、ほぼ忠実に黒澤明の「羅生門」をタイ式に再現している。ちなみに、黒澤明の羅生門は、芥川龍之介の原作とは同じではない(映画の基になっているのは小説「藪の中」だが、小説「羅生門」の内容も取り入れている)。時代背景は、タイ北部に栄えたビルマ色の濃いラーンナー王朝となっている。黒澤版とタイ版の相違点をいうと、黒澤版「羅生門」では妻が持っていた短刀が本当の犯人探しのちょっとしたポイントとなっていたが、本作では短刀は登場するものの犯人とは関係がないものとなっている。また、黒澤版ではなかった僧侶が出家した理由の場面も描かれている。
 あと違うところといえば、登場人物の重要度の比重であろうか?黒澤版での一番の主人公は、盗賊役の三船敏郎である。だが、本作では盗賊の乱暴な個性があまり発揮されていない。また、マーリオーの僧侶役は、残念ながら軽い感じを受けてしまい物足りない。黒澤版で僧侶役をやった千秋実には到底かなわない。だが、木こり(まき売り?)役のマム・チョクモクはさすがで、黒澤版の志村喬と味は違うが甲乙つけがたい好演である。名士の役はアナンダー・エバリンハムでいいのだが、黒澤版では縛られていた時に口をふさがれてはいなかったにもかかわらず、妻が目の前で犯されても一言も声を発しなかった黒澤版の森雅之の方がおもしろい。妻役のチューマン・ブンヤサックは色気があっていい。黒澤版の京マチ子は、時代設定が平安時代であったために顔がオカメになっていたので比べたらかわいそうだろう。
 アナンダーとチューマーンは、パンテーワノップ・テーワクン監督の前作「イターニティー(Eternity)」<2010年>と同じコンビだ。他にも「イターニティー」と同じメンバーが出演しており、作風、内容が似てなくもないのでもう少しメンバーを変えて欲しかった。そして、本作もエロティック的要素があることをにおわせているのだが、実際にはそれはほとんどない。「イターニティー」で見事なヌードを披露したチューマンも、犯されるシーンはあるが背中も見せてくれてはいない。
 本作は、タイ風な味を出していて黒澤版とは違った魅力がある。そして、こちらの方が内容がわかりやすいので見やすくなっている(黒澤版の方がより哲学的だ)。だが、映像の迫力は黒澤版の勝ちである。あの雨が降る羅生門のセットと映像はすごかった。盗賊と名士が戦うシーンも黒澤版の方がすごい。パンテーワノップ・テーワクン監督は脚本も担当している。
 タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価では、8.18点(満点は10点。投票数76。2012年9月現在)であった。興行収入はUS$864,782。第21回スパンナホン賞の衣装デザイン賞、特殊効果賞を受賞している。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ