「すれ違いのダイアリーズ」主演女優プローイ出演作品(11)/「30+ ソート・オン・セール」

「すれ違いのダイアリーズ」主演女優プローイ出演作品(11)/「30+ ソート・オン・セール」


30OnSalePoster1.jpg


 日本で劇場公開されたタイ映画「すれ違いのダイアリーズ(先生の日記/ティーチャーズ・ダイアリー/キトゥン・ウィタヤー/Teacher's Diary)」の主演女優チューマーン・ブンヤサック(ライラー・ブンヤサック/プローイ)の出演作品紹介です。 今回が最終回で第11回目は、「30+ ソート・オン・セール(30+ Sode On Sale)」<2011年>です。この作品では、彼女はある意味道化役になっていました。

 ラブコメ作品。32歳になる女性カメラマンのイン(チューマーン・ブンヤサック)は、7年間帰国を待ち続けていた恋人に裏切られ絶望する。そこに焼き鳥で占いをする焼き鳥店の青年チュート(アーラク・アマモンパシリ)が現れ、インを恋するようになる。しかし、インには新しい恋人が・・・というストーリー。
 興行成績US$2,310,000という数字を叩き出し、ヒットした30代女性映画作品。ヒットはしたのだが、内容はちょっと物足りない。ストーリーにダイナミックさがなく、淡々として進んでいくのがあまり盛り上がらない最大の原因であろう。それと、コメディー・シーンもいまひとつの感がある。
 また、ストーリー展開そのものにも問題があるような気がする。最後は主人公のインが相思相愛の相手を見つけたのだからそれでめでたしめでたしのような気がするのに、なぜあそこで第三の男性チュートのことを気にしなければならないのか?みなさんいかかでしょう?インは、金持ちの男性と相思相愛だったのですよ。あと、インはもてているので、売れ残っているという感じは全く出ていない。
 そして、大したことではないが、最後になぜチュートは引っ越さなければならなかったのか?また、警察の好意で(もちろんそんなことありえないが)チュートから預かったプレゼントを白バイ警官が空港までインに届けるのだが、時間的にどう考えても追いつくはずがない。インとチュートは同じ場所から同時に出発し、チュートの方は警察署に連れて行かれ尋問されているのだ。そこから白バイが出発しているのだから無理である。とにかく、突込みどころ満載の作品である。
 あと、トレーラーで使われている歌が本編でもタイトル・バックでもなぜか使われていない。正確にいえば、本編ではるかかなたから少しだけ聞こえてくるシーンがあるのだが。
 で、この作品の最大の見どころというと、やはり主演女優のチューマーン・ブンヤサックだろう。この人、タイではセクシー女優として有名だが、本作ではまったくセクシーさは出していない。むしろ共演者のPijittra Siriwetchapan(彼女もセクシー女優だ)の方が出している。チューマンの出演作品は、日本でも二本DVD化されている(2011年現在)。「609<(ロクマルキュウ>(Buppha Ratree)」<2003年>、「地球で最後のふたり(Last Life in the Universe)」<2003年>がそれだ。本作では、まったくイメージの違うコメディエンヌぶりを発揮している。特に近作の「イターニティー<ディレクターズ・カット>(Eternity )」<2010年>では、妖艶な女性を演じヌードまで披露していたのに今度はコメディエンヌである。女優が職業とはいえ、すばらしい化け方である。
 ちなみに、DVD(通常版)にはおまけとして消しゴム付きの鉛筆が付いている。何でこんなものが?いまどきこんなものタイ人でも喜ばないであろうと思ったのだが、あれって、もしかして最後の方のインへのプレゼントにひっかけているのかな?。原題は「30歳超独身の大安売り(セール)」という意味。

[ タイのDVD販売サイト ]



[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ