タイで、本日公開予定の東京国際映画祭でも上映された「孤島の葬列」

タイで、本日公開予定の東京国際映画祭でも上映された「孤島の葬列」


TheIslandfuneralPoster1.jpg


 タイで、本日公開予定の東京国際映画祭でも上映された「孤島の葬列(The Island Funeral)」<2014年>です。

 ドラマ作品。姉ライラー(サシトーン・パーニッチャノック)と弟、そしてその友人は、タイ深南部のバッタニー県まで叔母に会いに車で行くことになった。ライラーがハンドルを握ったのだが、方向音痴で道をたびたび間違えなかなか目的地に着くことができなかった。現地の人を道案内に雇い、やっと叔母の住む村の入り口までたどり着くが、彼女たちの目の前には海と島が現れ…というストーリー。
 Extra Virgin Co, Ltd製作。日本では第28回東京国際映画祭で上映され、「アジアの未来」部門で作品賞を受賞した。ロード・ムービーの形式をとった作品で、あまり大きなエピソードはなく物語は淡々と進んでいく。作品のバックには、異教徒?であるイスラム教やタイ深南部でのイスラム教徒との対立が描かれている。また、バンコクでの政治対立の姿も込められている。
 映像にはトーウィラ監督らしさが出ており、全編神秘的なムードが漂いとても魅力的だ。しかも、へたなタイ・ホラーよりも、怖さを感じるものになっている。そんな中、作品にコメディー的な要素はないのだが、弟の友人(ヨッサワット・シッティウォン)が道化役となっていておもしろく作品のアクセントになっている。このキャラクターがなければ、本作は退屈な作品になってしまっていたかもしれない。そして、作品の最後をどのようにまとめ上げるのか心配したが、無難に最後を締めくくっている。評価が分かれそうな作風だが、見ごたえのある作品となっている。
 ライラーを演じた主演女優のサシトーン・パーニッチャノックは、日本で劇場公開された「ジャンダラ 背徳の情事(Jan Dara)」<2001年>、日本の映画祭で上映された「迫り来る嵐(Taloompuk)」<2002年>や日本でDVD化された「メテオ・クラッシュ(Meteor)」<2004年>などに出演している。また、シネマート六本木で行われた「マレーシア映画ウィーク」で上映された「盗人の第二の人生(Second Life of Thieves)」<2014年/マレーシア、オランダ、スイス>にも出演している。
 女流監督のピムパカー・トーウィラは、本作が日本の映画祭で上映された「ワン・ナイト・ハズバンド(One Night Husband)」<2003年>に次ぐ長編作品で、これが長編としては第二作目となる。その他、「マラリア・アンド・モスキートズ(Malaria and Mosquitoes)」<2014年?>、「ハート・ステーション(Heart Station)」<2013年>、「ザ・トルゥース・ビー・トールド ザ・ケース・アゲインスト・スピンヤー・クラーンナンロン(The Truth Be Told The Cases Against Supinya Klangnarong)」<2007年>などの作品がある。彼女はプロデューサーとしても有名で、日本の映画祭で上映された「稲の歌(ソングズ・オブ・ライス/The Songs of Rice/Pleng Khong Kao)」<2014年>、「アグラリアン・ユートピア(Agrarian Utopia)」<2009年>などではプロデューサーを務めている。原題は、「大洋(大きな海)と墓」という意味。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ