タイで、本日公開予定の東京国際映画祭で上映されたドキュメンタリー「稲の歌」

タイで、本日公開予定の東京国際映画祭で上映されたドキュメンタリー「稲の歌」


TheSongsOfRicePoster511.jpg


 タイで、本日SF World Cinemaで公開予定の東京国際映画祭で上映されたドキュメンタリー「稲の歌(ソングズ・オブ・ライス/The Songs of Rice/Pleng Khong Kao)」です。

 ドキュメンタリー。Mosquito Films Distribution作品。「The North」<2008年>、「稲作ユートピア(アグラリアン・ユートピア/Agrarian Utopia)」<2009年>に次ぐ、「稲作三部作(The Rice Trilogy)」の最終作。プロデューサーは、「ワン・ナイト・ハズバンド(One Night Husband)」<2003年>のピムパカー・トーウィラ監督。「コンクリートの雲(Concrete Clouds)」のリー・チャタメーティクンン監督が、ポスト・プロダクションを監修した。
 稲とそれを作る農民たちの姿を、説明なしの映像のみの力で追っていく。途中、老女が歌う、「子孫が先祖を供養しないために、先祖はあの世で苦しんでいる」という内容の歌がとてもおもしろく印象的だ。また、「塩田の娘が嫁ぐ」歌も、途中で入れられている。しかし、本作はタイ北部か東北部で撮影したものだと思うのだが、この歌の舞台は中部のサムットサコーンだ。なぜ、中部の歌を入れたのであろう。
 映像で印象的なのは、やはり円盤型のロケットを打ち上げる祭りのシーンだ。望遠で遠くからロケットの打ち上げ作業をとらえるシーンには、とても迫力がある。このロケット祭りは、カーラシン県のものであろうか?作品の最後もロケット祭りで締めくくっているが、これはヤソートーン県のロケット祭りであろうか?それともローイエット県のものであろうか?エンド・タイトルを見ると、アムナートチャルーン県などでも撮影しているようだ。また、水牛のレースも出てくるが、ローカルな雰囲気が漂っているので有名なチョンブリーの水牛レースではないようだ。
 稲刈り時の田で、大勢で何かを追いかけているシーンがある。何だろうと思ったら、ヌー・ナー(野ネズミ)であった。それを捕獲し、食すシーンも印象的だ。
 迫力のある映像もあり挿入されている歌もおもしろいのだが、全体的には前作の「稲作ユートピア」の方がいいと思う。
 2014年のロッテルダム国際映画祭(43rd International Film Festival Rotterdam)で、国際映画批評家連盟賞を受賞している。
 日本の映画祭で上映された、「稲作ユートピア(アグラリアン・ユートピア)」<2009年>のウルポン・ラックサーサット監督作品。原題は、「米の歌」という意味。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ