ゲイの吸血鬼ものラブ・ミステリー/「レッド・ワイン・イン・ザ・ダーク・ナイト」

レッド・ワイン・イン・ザ・ダーク・ナイト/Red wine in the dark Night


RedWinePoster2.jpg


 ゲイものラブ・スリラー作品。ゲイであるワイ(Wine)(Pongsatorn Sripinta)は、ティー(Nontapat Intarasuan)のことが好きでお互いに愛し合っていると思っていた。しかし、ティーは友達との関係もあり、ワイに「自分はゲイではなく、ワイのことを愛してもいない」と告げる。そんな時、いたずらで、ワイはティーに廃墟のビルに呼び出される。彼がそこで見つけたのは、瀕死の状態の見ず知らずの男ナイ(Steven Furer)であった。彼は記憶をなくしており、なぜか血を欲しがった。ワイはナイを見捨てられずに面倒を見るようになるが、やがてワイは彼のために…というストーリー。
 「18歳超視聴可」の年齢制限が付いている。これは性的シーンだけではなく、暴力シーンの関係もあるかもしれない。タンワーリン・スカピシット監督の作品なので、ただのゲイ作品ではないと思っていた。その通りで、なんと吸血鬼という題材をうまく使ってきた。ストーリーに突っ込みどころは多いのだが(たとえば、ナイはこの年になるまでにどうやって育てられてきたのか?)、企画としてはおもしろい。だが、脚本としては少し物足りなさを感じてしまう。ゲイの人が見れば性的シーンがあるのでもっと楽しめるのかもしけないが、ゲイに興味ががない人にとってはもう少しストーリーを練って欲しかったと感じてしまう。興行収入は2.11百万バーツだった。
 タンワーリン・スカピシット監督には、日本の映画祭で上映された「すご〜い快感(フィン・スゴイ/Fin Sugoi)」<2014年>、「愛なんていらない (イット・ゲッツ・ベター/It Gets Better)」<2012年>や「ロードー・カオ・チョン・ピー(Ror Door Khao Chon Pee)」<2015年>、「ター カオ ラオ ピー(スリーサム/Tha Khao Rao Phi/Threesome)」<2014年>、「タイ・ロム・ユッティタム(Tai Rom Yuttitham)」<2014年>の中の「コン・ディー」、「ハック・ナ サーラカーム(Hug Na Sarakham)」<2011年>、「ターイ・ホーン(Tai Hong)」<2010年>の中の「ソップ・ナイ・テーン・ナム」、「イン・ザ・ネーム・オブ・シン(In the Name of Sin)」<2006年>などの作品がある。原題は、「あの夜」という意味。

[ タイのDVD販売サイト ]



[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ