2016年第2四半期のタイ映画界を振り返る/落ちるところまで落ちたタイ映画界

2016年第2四半期のタイ映画界を振り返る/落ちるところまで落ちたタイ映画界


LuangPhiChet4GPoster1.jpg   CaptainAmericaCivilWarPoster1.jpg
左: 「ルアン・ピー・チェート 4G」   右: 「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」


 2014年から始まった(2013年からその兆候はありましたが)タイ映画界の大不調ですが、ついに落ちるところまで落ちたか? という感じです。復活の兆しがないというよりも、さらに悪くなっています。
 とにかく、「作品に観客が入らない」→「興行収入が少ない」→「映画会社がもうからない」→「製作資金がない」→「手抜きの作品を作る又は作品を作らない」→「公開作品がおもしろくない」という手の付けられない負のスパイラルに陥ってしまっているのです。ここから抜け出すための手段はただ一つ、「おもしろい作品を作る」ことです。
 さて、第2四半期も、タイ映画の公開作は少なかったです。そして、話題作もほとんどありませんでした。そんな中で、「アンカット(アワサーン・ローク・スアイ/グレイス/Uncut/Awasarn Lok Suey/Grace)」が、18禁指定作品ながら17.02百万バーツと合格点を出しました。そして、今期の最大の話題は、「ルアン・ピー・チェート (4GLuang Pee Jazz 4G)」が153.76百万バーツという大ヒットを飛ばしたことです。これには驚きました。当ブログとしては、全く予想していませんでしたので。
 当ブログでは、興行収入が100百万バーツ以上で大ヒット、34百万バーツ以上でヒットとよび、16.7百万バーツを合格点としています。今年に入ってから六ヵ月で20本のタイ映画が公開されていますが、この合格点を超えたのは「ルアン・ピー・チェート 4G」と「アンカット」のたった二本だけなのです。映画の製作費はその作品によって違いますので、興行収入がいくら以上になれば黒字になるかは作品によって違います。ですが、当ブログの合格点である16.7百万バーツを超えれば黒字、超えなければ赤字であると考えても大きくは外れないと思います。ということは、今年公開された作品20本の内、黒字はたったの二本だけということが予想されます。これでは、映画製作にお金を出そうという気はなくなりますよね。
 そして、今年の場合はもう一つ心配の種が増えました。それは、外国映画の調子もあまり芳しくないのです。新作が封切られた第一週目の数字がよくても、第二週目から観客がほとんど入らないという作品が続出しているのです。といっても、それなりの数字は上がっていますが。また、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(Captain America Civil War)」は、310.87百万バーツという超大ヒットとなっています。今年、この数字を超える作品は出てこないかもしれませんね。
 第3四半期は、分裂したGTH社の片割れである期待のGDH 559社作品「フェーンデイ(Fanday)」が登場してきます。また、サハモンコン・フィルム社の「クンパン(Khunphan)」も少し期待が持てる気がします。さて、最悪を通り越しているタイ映画界ですが、これからどうなっていくのでしょうか?未来はとても暗いです。

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー


にほんブログ村

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ