犬をテーマにした三本のアニメーション「クン・トーン・デーン ジ・インスピレーションズ」

クン・トーン・デーン ジ・インスピレーションズ/Khun Tong Dang


TheInspirationsPoster1.jpg


 アニメーション。タイの現国王であるプミポン国の愛犬をモデルにした作品。製作費は1.5億バーツで、利益は王室が後援する野良犬の保護団体「フアヒン・ドッグ・シェルター財団」に寄付されるという。だが、興行収入は17.89百万バーツだったので、製作費を抜いたら残るかどうか。
 実写の中に、三本のアニメーションでの物語が挿入されている。一本目は、捨て犬がお寺から仏像を盗もうとする窃盗団と戦う物語「トンロー(Tonglor/ทองหล่อ)」(The Monk Studios作品)。二本目は、 臆病な犬の物語「ミッド・ロード(Mid-Road มิด-โร๊ด/หมาวัด)」(Imagimax作品)。三本目は、お座りと言うと走り出すロボット国のロボット犬の物語「リトル・コッパー(Little Copper ลิตเติ้ล คอปเปอร์/คอบเปอร์เพื่อนรัก)」(Workpoint Pictures作品)。
 一本目と二本目は、短編とはいえ脚本が物足りない。内容がちょっと安易だ。お子様向けということなら、これでもいいかもしれないが。なかなか楽しめるのは三本目。映画「ヤック ザ・ジャイアント・キング(Yak the Giant King)」<2012年>のキャラクターが登場してくる。魅力的なキャラクターに加え、脚本も悪くない。この作品なら、長編にしてもおもしろいであろう。
 タイ映画は、動物を扱うのがあまりうまくない。この作品の実写部分も結構つらい。実写部分でワンちゃんがかわいらしい演技をしてくれればこの作品ももっといい作品になっていたのだが、本作のワンちゃんは我関せずという演技なので…。また、アニメーション部の色彩の悪さも少し気になる(作品を観たのはDVD出だが)。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ