10月5日、タイのアニメ「リトル&ジャイアント」のDVDが日本でリリース予定

10月5日、タイのアニメ「リトル&ジャイアント」のDVDが日本でリリース予定


YakTheGiantPost1.jpg


 10月5日、タイのアニメ「リトル&ジャイアント(ヤック ザ・ジャイアント・キング/Yak the Giant King)」<2012年>のDVDが、日本でリリース予定です。タイのアニメが、日本で紹介されるのは珍しいですね。

 「ラーマーヤナ」物語をロボットの世界に置き換え、新解釈を与えた物語。大きな戦争が起こったはるか後の時代、ヤック(鬼)であるナー・キアオ(น้าเขียว)とハヌマーンであるチャオ・プアク(เจ้าเผือก)が出会い親友となる。そして、ロボットの創造主を探す旅へと出かけるが・・・というストーリー。
 タイのアニメーション映画といえば「カーン・クルアイ(Khan Kluay)」<2006年>が有名だが、どれも非常にレベルが高い。技術的には世界水準に達している。だが、物語というか脚本は実写映画同様に弱い。この作品も、ストーリーがよく分からないというかあまりおもしろくない。原作が宗教物語であるせいもあるのだが、物語の最後はあまり理解できない内容だ。そして、ドラマチックさにも欠けている。
 登場ロボットの名前「ナー・キアオ」とは「緑色の顔」という意味で、「チャオ・プアク」とは直訳すると「白いボス」となる。「ラーマーヤナ」の中のハヌマーンといったら白い猿である。しかし、この作品の中のハヌマーンはなぜか紫色のようなピンク色だ。
 Room39の歌う主題歌「クート・マー・ペーン・プアン・ター(เกิดมาเป็นเพื่อนเธอ)」が楽しくていい。タイトルの意味は、「あなたと友達になるために生まれてきた」と訳すのか?タイのエンターテイメント・サイトSiam Zoneのユーザー評価では、8.26点(満点は10点。投票数35。2013年1月現在)であった。興行収入は、US$1,668,124とヒットした。



[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ