初めて見る自分の父親が女性の格好をしていたら…/「レイン・ストーリーズ」

レイン・ストーリーズ/The Rain Stories


TheRainStoriesPoster1.jpg


 Wayufilm Production作品。Gムービー。三つ?の作品からなるオムニバス作品。最初の作品は、体格のいい高校二年生のナナー(ナーナー・ターウォンパン)が、通学のソーンテーオに乗ってくる同じ学校の男子生徒を好きになってしまうというストーリー。二つ目は、ある日、高校三年生の男子学生の前にある人物が現れる。その人物は彼の父親だというが、なんとレディー・ボーイの姿をしていたのだ。三つ目は、ゲイの男子学生の年上の男性と同じ学校に通う女学生との間で微妙に心が揺れ動く姿を描く。
 いずれの作品も「雨」がテーマになっているわけではないが、作中に雨のシーンが出てくる。ショート・ムービーなので仕方ない部分もあるのだが、一本一本は脚本的には物足りない。
 だが、一番最初の「ナナー」の話の作品は、見どころがある。ストーリーの中身は物足りないのだが、ハート・ウォーミングな感じがいい。男子生徒二人が、なぜ仲良くなったのか? また、なぜ、最後に仲たがいをしてしまったのかが描き切れていない。ストーリーをもう少し膨らませることができたら、とてもいい作品になっていたと思うのだが。そして、ナナーを演じたナーナー・ターウォンパンのちょっと不思議な表情が、観客を和ませてくれる。また、ナナーと絡む女学生役のアーパットサラー・マハーワットが決して美人ではないのだが、明るくちょっとコミカルな演技がとてもいい。彼女は、「マイ・ブロマンス(My Bromance)」<2014年>にも出演している。
 ニチャプーム・チャイアナン監督には、「マイ・ブロマンス(My Bromance)」<2014年>、「アイ・アム・ザ・ディレクター(I Am the Director)」<2010年>などの作品がある。原題は、「頭の上に、雨がしたたり落ちる時」という意味。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ