「ア・クレージー・リトル・シング・コールド・ラブ」の続編のような/「Appラブ」

Appラブ/App Love


AppLovePoster1.jpg


 ラブ・ストーリー。父親を軍人に持つ家庭に生まれた青年ティック(ナッタワット・チャイナロンソポーン)は、オ○マさんであった。ティックらはバンドのコンクールで優勝を目指していたが、ティックの父と兄はオ○マさんであるティックを許せなかった。そんなバンドを助けていたのが、ネーン(エーストゥー・スップリーリラー)という女の子であった。やがて、オ○マさんであるはずのティックとネーンとの間に、恋愛感情が芽生え始めた。はたして、オ○マさんと女の子との恋愛はあり得るのであろうか・・・というストーリー。
 コメディーの入った、オ○マさん青春ラブ・ストーリーという感じの作品。一部の人たちの間で絶大なる人気のある「ア・クレージー・リトル・シング・コールド・ラブ」の続編のようなそうでないような作品。内容に関しては、両作は全く関係がないが。
 ストーリー性はあまり強くないのだが、全体的にほのぼのとした感じで好感が持てる。オ○マさんが普通の女の子を好きになってしまい、相手の女の子もオ○マさんを好きになってしまう。この恋愛は成立するのであろうか? というストーリー・ラインはおもしろい。オ○マさん映画の多いタイだが、ありそうでないストーリーだ。過去に、このようなストーリーの作品があったであろうか?
 出演者たちも、作品内容にマッチしていていい。主演女優のネーン役エーストゥー・スップリーリラーは、今回が映画初出演。かわいいのだかかわいくないのだかよく分からない、明るい感じがいい。オ○マさんの有名歌手役のアーノン・サーイセーンチャンも、それらしくてよかった。実生活ではどうなのであろうか? 全然軍人らしくない優しそうなティックの父親役を演じたメーニー・ブンナシリも、適役であった。驚いたのは、ティックの友達を演じていたとてもかわいらしいノンニー役のリンラダー・トゥラパンは、男の子ではなく女の子であったことだ。厚化粧していたので、てっきりオ○マさん役の男の子だと思っていたのだが。
 プッティーポン・プロムサカ・ナ・サコンナコーン監督には、日本の映画祭で上映された「ア・クレージー・リトル・シング・コールド・ラブ(A Crazy Little Thing Called Love)」<2010年/※共同監督>や「OMG(オー・マイ・ゴースト/OMG)」<2014年>、「30+ ソート・オン・セール(30+ Sode On Sale)」<2011年>などの作品がある。

[ タイのDVD販売サイト ]



[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ