コメディー、タイ版「転校生」/「ラブ・アルーミライ」

ラブ・アルーミライ/Love Arumirai


LoveArumiraiPoster2.jpg


 コメディー。ある日、警察官であるケーン(ピッサヌ・ニムサクン)とファッション事務所に勤めるベラー(チーラナット・ユーサーノン)の夫婦は、大げんかをしてそのまま寝てしまう。しかし、翌朝気が付いてみると、二人の体が入れ替わっていたのだ。二人は、それぞれの職場で大奮戦。やがて、お互いが相手を思いやっていたことが分かり…というストーリー。
 Mun WorkProduction作品。男女の体が入れ替わってしまうという内容の作品は、日本にもあった。大林宣彦監督の「転校生」<1982年>がそうだ。そして、過去、タイにもあった。チンタラー・スッカパット(Jintara Sukhapat)とサンティスック・プロムシリ(Santisuk Promsiri)のゴールデン・コンビが主演した、「ワーン・マン チャン・クー・ター(Wan Man Chan Khu Tha)」<1987年>である。
 「転校生」は階段から転げ落ちた時に体が入れ替わり、「ワーン・マン チャン・クー・ター」は相乗りしていた自転車が転倒した時に入れ替わってしまう。しかし、本作では、寝ていた時なのだ。夫婦げんかをし、ただそれぞれが寝室の中と外で寝ていただけだ。これって、工夫があまりにもない気がする。
 ストーリーの中盤は、ゆる~いコメディーになっている。この部分はそれなりだとして、問題なのはラスト。あれではストーリーが終わっていない。第一、ラストで二人の体が元に戻ったのか戻っていないのかが分からない。
 それに、ベラーは死んでしまったのか助かったのか? エンド・タイトルを観るとその答えが分かるのだが、その内容が何とも言えないものなのだ。それから、エンド・タイトルで、ケーンは死んでしまったのであろうか? このストーリー展開ではダメだ。観客が納得しない。主演女優のチーラナット・ユーサーノンが熱演で良かった。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ