朝日放送で、大阪アジアン映画祭でも上映のタイ映画「フリーランス(ハート・アタック)」をTV放送

朝日放送で
大阪アジアン映画祭でも上映のタイ映画「フリーランス(ハート・アタック)」をTV放送


HeartAttackPoster3.jpg


 朝日放送で、大阪アジアン映画祭でも上映されたタイ映画「フリーランス(ハート・アタック/Freelance/Heart Attack)」<2015年>がTV放送されます。放送日は、2月17日(金)深夜01:34〜3:50で日本語字幕版となります。残念ながら、関西圏のみでしか観ることができません。日本でDVDが発売されずにTV放送されるのは、「アンニョン! 君の名は(ハロー・ストレンジャー/Hello Stranger)」<2010年>と同じパターンですね。

 コメディー作品。フリーランスのデザイナーであるユン(サンニー・スワンメターノン)は、毎日夜遅くまで仕事をし食事も不健康なものばかり食べていた。そんな生活を繰り返していたために、体に失神ができてしまう。診てもらうために病院へ行くと、担当医は若い美人女医のイム(ダーウィカー・ホーネー)であった。ユンは毎月病院へ通うことになり、次第に女医に・・・というストーリー。
 GTH社作品。GTH社としては、「愛しのゴースト(ピー・マーク/ピー・マーク プラカノーン/Pee Mak Phra Kanong)」<2013年>、「アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー(I Fine..Thank You..Love You)」<2014年>に次いで超大ヒットを狙った作品に違いない。しかし、結果は、ヒットはしたものの大ヒットとはならず86.07百万バーツという数字に終わった。
 その理由は、作品を観ると分かる。捧腹絶倒のコメディーなのかと思ったら、ブラック・ジョーク的なコメディーだったのだ。ナワポン・タムロンラタナリット監督にコメディーを撮らせるとこうなるのであろう。
 本作は、初日の興行収入が11.46百万バーツとかなりいい数字でスタートを切った。しかし、第一週目終了時点で58.81百万バーツ。そして、第二週目が19.22百万バーツ、第三週目が5.62百万バーツ、第四週目が2.41百万バーツと、急降下してしまったのだ。おそらく、最初はGTH社作品ということで多くの観客が詰めかけたものの、その内容が思っていたようなものではなかったことが口コミで伝わり、勢いを下げてしまったに違いない。
 とにかく、作品の最初から最後まで暗いのだ。笑いたくても笑えないというか、明るい気分にはなれないのがこの作品の弱点であろう。しかし、スパンナホン賞の作品賞にもノミネートされているように、一部の人たちの間では評価が高い。
 スパンナホン賞では、作品賞の他に、監督賞、主演男優賞(サンニー・スワンメターノン)、主演女優賞(ダーウィカー・ホーネー)、助演男優賞(トーポン・チャンタブッパー)、助演女優賞(ウィオレート・ウォーティア)、脚本賞、編集賞、撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞、メーキャップ賞、音楽賞、録音賞と、実に14部門にノミネートされた。日本では、第11回大阪アジアン映画祭で上映。
 主演男優のサンニー・スワンメターノンは、日本の映画祭で上映された「アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー(I Fine..Thank You..Love You)」<2014年>、「セブン・サムシング(Seven Something)」<2012年>、「バンコク・トラフィック・ラブ・ストーリー(Bangkok Traffic Love Story)」<2009年>、「ディアー・ダーカンダー(親友/ディアー・ダカンダ/Dear Dakanda)」<2005年>などに出演している。
 主演女優のダーウィカー・ホーネーは、日本の映画祭で上映された「愛しのゴースト(ピー・マーク/ピー・マーク プラカノーン/Pee Mak Phra Kanong)」<2013年>などに出演している。
 映画監督として評価はされているものの、エンターテイメント作品を撮った経験のない(脚本を手掛けた経験はある)ナワポン・タムロンラタナリットを監督に起用するというのは、ちょっとした賭けであったかもしれない。同監督には、日本の映画祭で上映された「マリー・イズ・ハッピー(Mary Is Happy, Mary Is Happy)」<2013年>、「36のシーン(36)」<2012年>などの作品がある。

[ タイのDVD販売サイト ]



[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング





テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ