タイのアカデミー賞である映画賞「スパンナホン賞」の最優秀作品賞はどの作品?

タイのアカデミー賞である映画賞「スパンナホン賞」の最優秀作品賞はどの作品?


ByTheTimeItGetsDarkPoster1.jpg
「暗くなるまでには」


 今年もスパンナホン賞の季節がやってきましたね。恒例の賞獲得予想をしたいと思います。ですが、今年の場合、作品賞にノミネートされた作品で観たのは「孤島の葬列」だけなのです。ですので、予想といっても…。それでも予想はしますよ(笑)。
 さて、ノミネート作品は以下の5作品です。
「暗くなるまでには(バイ・ザ・タイム・イット・ゲッツ・ダーク /ダーオ・カノン)
「ワンダーリング
「ギフト(ニュー・イヤーズ・ギフト)
「一日だけの恋人(ワン・デイ/フェーン・デイ)
「孤島の葬列

 「暗くなるまでには」は、映画祭で上映される系の作品です。ロカルノ映画祭でワールドプレミアが行われ、大阪アジアン映画祭でも上映されます。いろいろな部門にノミネートされていますので、評価はかなり高そうです。「ワンダーリング」は地味に公開されました。ノミネートされるような作品だったのですね。「ギフト」は、ヒットしたGDH社作品です。オムニバス作品ですので、賞の獲得は難しい気がします。大阪アジアン映画祭で上映されます。「一日だけの恋人」は、大ヒットしたGDH社作品です。観客からの評価も高いようです。この作品も、大阪アジアン映画祭で上映されます。「孤島の葬列」は、2015年の東京国際映画祭で上映された女流監督作品です。本国では昨年公開されました。不思議なムードのいい作品でした。

 毎年言っていることなのですが、スパンナホン賞の予想はアメリカのアカデミー賞よりもはるかに難しいです。結構、意外な作品が受賞したりするのです。素直に予想すると(観た作品は一本だけですが)、「一日だけの恋人」です。ですが、スパンナホン賞は娯楽作品をあまり選ばない傾向があります。ですので、ちょっとひねって「暗くなるまでには」かな?個人的には、ゆいいつ観た「孤島の葬列」が選ばれたらうれしいですが。

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ