少年たちは、小遣い稼ぎのために死者の口からコインを盗むが/「ゴースト・マネー」

ゴースト・マネー/Ghost Money


GhostMoneyPoster1.jpg


 ホラー作品。死体の口にお金(コイン)を入れておくと、来世でそのお金を使うことができるという言い伝えがある。あろうことか、少年三人は、小遣い稼ぎのために次々に死体からコインを盗み出していった。やがて、ある霊が蘇り、復讐を開始する…というストーリー。
 ファイブ・スター・プロダクション作品。古い作品なので、特撮は大したことなく脚本もそれなりなのだが、意外に全体的にまとまっていて最後までしっかりと観ることができる。
 最後は、僧侶が来て・・・というストーリーは「メー・ナーク・プラカノーン」でもそうなのだが、タイでは定番の終わり方である。
 チャナ・クラープラユーン監督には、映画「ユア(Yua)」<1987年>、「クワー・チャ・ルー・ディアング・サー(Kwa Ja Ru Dieng Sa)」<1987年>、TVドラマ「アヤー・ラック(Aya Rak)」<2000年>、「サーム・バイ・マイ・タオ(Sarm Bai Mai Thao)」<1995年>などの作品がある。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ