「高崎映画祭」で、アピチャーポーン監督の「光の墓」を上映

「高崎映画祭」で、アピチャーポーン監督の「光の墓」を上映


31Takasaki.jpg


 「第31回高崎映画祭」で、アピチャーポーン監督の「光の墓(Cemetery of Splendour)」が上映されます。上映予定日は、27日(月)と29日(水)です。

 足の悪いアメリカ人の夫を持つ婦人チェーン(ジェンジラー・ボンパット・ワイドナー)は、ボランティアで病院へ通っていた。その病院は元学校で、王族の墓があった場所だという。そこには、眠り病の兵士たちが…というストーリー。
 他のアピチャーポーン・ウィーラセータクン監督の作品同様に、よく分からない不思議な内容だ。だが、比較的、最後まで飽きずに観ることはできる。所々におもしろいシーンはあるのだが、何せ理解ができない。森の中の排便?のシーン、病人のペニスが立つシーン、ショッピング・モール内のエスカレーターで倒れた人を運ぶシーン、病院の食堂で入院患者が食事中に突然倒れるシーン、そして、空をバックにしたゾウリムシ?のシーンなどは、一体何の意味があるのであろうか? 凡人には分からない内容である気がする。
 撮影は、イサーン(東北部)のコーンケーンで行われている。日本では、ムヴィオラが配給。アピチャーポーン・ウィーラセータクン監督は「ブンミおじさんの森(Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives)」<2010年>でカンヌ国際映画祭で最高賞を受賞した人で、2004年度のカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞している「トロピカル・マラディー(Tropical Malady )」<2004年>、日本で公開された「世紀の光 (シンドロームズ・アンド・ア・センチュリー/Syndromes and a Century)」<2006年>、日本の映画祭で上映された「メコーン・ホテル(Mekong Hotel)」<2012年>、「アドベンチャー・オブ・アイアン・プッシー(The Adventure of Iron Pussy)」<2003年>、「真昼の不思議な物体(Mysterious Object at Noon)」<2000年>や「アッシュズ(Ashes)」<2012年>、「モバイル・メン(Mobile Men)」<2008年>、「アンセム(The Anthem)」<2006年>などの作品がある。タイ題は、「コーンケーンで愛する」という意味?



◆高崎映画祭

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ