福岡市総合図書館映像ホール・シネラで上映される「ファン・バー・カラオケ」

福岡市総合図書館映像ホール・シネラで上映される
「ファン・バー・カラオケ」


FunBarKaraokePH1.jpg


 福岡市総合図書館映像ホール・シネラで上映される「ファン・バー・カラオケ(Fun Bar Karaoke)」<1997年>です。

 サスペンス・チックなドラマ。娘のプー(フェー・アッサウェート)は、ある日セブン・イレブンでアメリカへ行く夢を持っているノーイ(レイ・マクドナルド)と知り合う。彼女は死んだ母の夢を見るようになり、その夢を見るたびに夢の中に登場する模型の家が完成に近付いていく。占い師に占ってもらうと、その家が完成すると父(パイブーンキアット・キアオケーオ)は死んでしまうと予言される。父はカラオケで女性と知り合うが、彼女はマフィアの親分の愛人であった。親分はノーイに自分の愛人にちょっかいを出した男を銃で殺害するように命じる。そして、ノーイが引き金を引こうとした時、ターゲットがプーの父であることを知り・・・というストーリー。
 奇才ペーンエーク・ラッタナルアン監督のデビュー作。内容はほとんど理解できない。セリフは少なめで、どのシーンが現実でどのシーンが夢なのかは、映像自体が不思議な感じなのでよけいに分からない。ペーンエーク監督にはこのデビュー作を撮る前にどれだけの実績があったか知らないが、よくこのような作品を撮らせてもらえたものだと思う。とにかくよく分からない作品だ。わからなさに関しては、ペーンエーク監督の作品の中では一二を争うものとなっている。
 VCDのジャケットやポスターに使われている、主演のレイ・マクドナルドがパンツをおろして便座に座り銃を構えている姿は作品の中の一シーンだが、よくこんなシーンをポスターなどにするものだと思う。タイ映画はトイレ・ネタが大好きなのだが、でもポスターにしなくてもいいと思うのだが。
 日本では、「アジアフォーカス福岡国際映画祭1997」で上映された。その他、「ベルリン国際映画祭'97」「釜山国際映画祭'97」「モントリオール世界映画祭'97」などの映画祭にも参加している。原題は「夢 バカ カラオケ」という意味。

[ タイのDVD販売サイト ]



◆福岡市総合図書館映像ホール・シネラ

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ