FC2ブログ

第3四半期のタイ映画界概況/珍しく悪くなかった今四半期

第3四半期のタイ映画界概況/珍しく悪くなかった今四半期


BikeManPoster81.jpg
「バイク・マン」


 さて、今四半期に公開されたタイ映画は、たったの8本だけでした。寂しい限りですね。ただ、今四半期の様子は、今までとはちょっと違っていました。公開本数は少なかったのですが、「クン・パン2」(Khun Phan 2)と「バイク・マン」(Bike Man)というヒット作が二本も誕生したのです。シリーズ二作目の「クン・パン2」は、第一作目が61.74百万バーツのヒット作であるとはいうものの、二作目で44.38百万バーツは合格点でしょう。「バイク・マン」は、全く予想外の66.89百万バーツ(10月17日までの数字で、まだ興行中)というそれなりのヒットとなりました。それと、意外にも「プール」(The Pool)がヒットとはなりませんでしたが、27.23百万バーツ(10月17日までの数字で、まだ興行中)と大健闘しました。
 逆に、相変わらずコケてしまったのが、「7デイズ・ザ・ムービー」(7 Days The Movie)とアニメーションの「クルット ヒムマパン・ウォリアーズ」(Krut: The Himmaphan Warriors)でした。数字は、それぞれ8.81百万バーツと10.70百万バーツです。また、初日にかなりいい数字を挙げたBNK48のドキュメンタリー「BNK48 ガールズ・ドント・クライ」(BNK48 Girls Dont Cry)は、その後に信じられないような急降下を見せ、結局、13.14百万バーツと低調なものに終わってしまいました。もう一本、昨年社会現象を引き起こしたロック・バンドのボーカルが行ったタイ縦断マラソンのドキュメンタリー「2215 チュア バー クラー」(2215 Cheua Ba Kla)は、7.67百万バーツでした。ただし、この作品は鑑賞料を無料にしたり半額にしたりしていましたので、実質、動員数では「BNK48 ガールズ・ドント・クライ」を大きく上回ったことになります。
 ということで、今四半期は、久々に、タイ映画界にとっては悪くないものでした。といっても、数年前ならこれくらいは当たり前の内容なのですが。さて、この上向き加減が続きますかどうか?

 外国映画ですが、こちらの方は低調に終わりました。「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」(Mission: Impossible - Fallout)が148.85百万バーツと大ヒットしましたが、もう少し上を期待していました。「MEG ザ・モンスター」(The Meg)が80.48百万バーツ、「死霊館のシスター」(The Nun)55.24百万バーツ、「スカイスクレイパー」(Skyscraper)42.2百万バーツと続きます。

[参考] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「バイク・マン」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ