FC2ブログ

第31回東京国際映画祭で上映の、心温まるタイ・コメディー「ブラザー・オブ・ザ・イヤー」

第31回東京国際映画祭で上映の
心温まるタイ・コメディー「ブラザー・オブ・ザ・イヤー」
<2018年>


BrotherOfTheYearPoster21.jpg


 第31回東京国際映画祭で上映の、心温まるタイ・コメディー「ブラザー・オブ・ザ・イヤー(最愛の人/Brother of the Year)」<2018年>です。上映日は、10月28日(日)と29日(月)予定です。調べた時点で、28日の前売りは売り切れ、29日は残席少々となったいました。この作品を観たのは二回目なのですが、とてもいいですね。今回、映画祭のプレス用上映で観させていただきました。視聴したのは38人。座席的にはガラガラでした。まあ、タイ映画の上映時はいつもこの程度です。まだまだ、タイ映画の認知度は低いということなのでしようね。

 ドラマ。兄のチャット(サンニー・スワンメターノン)は幼少の頃から出来が悪く、妹のチェーン(ウラッサヤー・スプーバン)は逆に出来が良かった。二人はお互いに兄弟愛を持っていたが、いつしかそれがすれ違うようになり・・・というストーリー。
 GDH559社作品。興行収入は、146.45百万バーツと大ヒットとなった。日本では、「第31回東京国際映画祭」で上映。
 ライト・コメディー調の兄妹愛を描いた物語。脚本がなかなかの優れもので、観客を笑いと共に物語の中に引きずり込んでいく。全体的に、心温まるストーリーとなっている。
 出演者たちもいい。いつも同じような役をやっているような気がしないでもないが、兄役のサンニー・スワンメターノンは貫禄の演技だ。そして、なんといっても、妹役のウラッサヤー・スプーバンがすばらしい。可愛らしさだけではなく、演技力があるところを見せてくれた。一時、兄のチャットと結ばれるかと思われた同僚役のマナッサポーン・チャーンチャルームも存在感があり、今後に期待したい人だ。タイ人には分からないであろうが、ニチクン・バック・ホルベチクルのちょっと変な日本語もおもしろかった。彼を起用したのは正解であったと思う。また、変な日本人たち(タイの映画ではよくこのような描き方をされるのだが)も笑える。
 ちょっと不思議だったことがある。ウラッサヤー・スプーバンは、ボールを右手で投げていたので右利きである。なのに、なぜバッター・ボックスでは左なのだ? 彼女が野球の類をやっていたとは思えないので、撮影の都合だったのであろうか? ちなみに、MVでは、彼女は右のバッター・ボックスに入っています。また、野球関連で言うと、プロポーズの方法(婚約指輪の渡し方)もしゃれていた。
 妹が、兄のことを「ピー・コーイ(พี่ขอย)」と称していた。「ピー(พี่)」とは年上の人に対する敬称なので、敢えて訳すと「お兄さん」となる。そして、「コーイ(ขอย)」というタイ語なのだが、分厚い辞書で調べても載っていない。東京国際映画祭上映時の日本語字幕では「ヘタレ」(「情けない」という意味)となっていたが、このタイ語にはどのような意味があるのだろうか?
 主演男優のサンニー・スワンメターノンは、日本の映画祭で上映された「ダイ・トゥモロー(Die Tomorrow)」<2017年>、「ギフト(ニュー・イヤーズ・ギフト/A Gift/New Year's Gift)」<2016年>、「フリーランス(ハート・アタック/Freelance/Heart Attack)」<2015年>、「アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー(I Fine..Thank You..Love You)」<2014年>、「セブン・サムシング(Seven Something)」<2012年>、「バンコク・トラフィック・ラブ・ストーリー(Bangkok Traffic Love Story)」<2009年>、「ディアー・ダーカンダー(親友/ディアー・ダカンダ/Dear Dakanda)」<2005年>などに出演している。
 主演女優のウラッサヤー・スプーバンは、映画初出演。ニチクン・バック・ホルベチクは、日本の映画祭で上映された「セブン・サムシング(Seven Something)」<2012年>の中の「42.195」などに出演している。
 釣りをしている場面に出てきたチャルームポン・ティカマポーンティラウォンは、「フェーンチャン ぼくの恋人」で太ったいじめっ子役を演じた男優。
 ウィッタヤー・トーンユーン監督には、日本で公開された「フェーンチャン ぼくの恋人(Fan Chan)」<2003年>(共同監督)、日本の映画祭で公開された「恋するリトル・コメディアン(The Little Comedian)」<2010年/共同監督>や「ビター・スイート ボイド・ポッド ザ・ショート・フィルム(BitterSweet BoydPod The Short Film)」<2008年>の中の「ラック・クン・カオ・イーク・レーオ」、「ポシブル(The Possible)」<2006年>、日産タイランドによるMARCH用のショート・ムービー「ラブ・アット・ファースト・マーチ」<2013年>などの作品がある。原題は、「兄、妹、最愛の人」というような意味。

◆第31回東京国際映画祭

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

Trailer


MV「ラック・ノーン・コンディア~オ(รักน้องคนเดียวววว)」


テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ