FC2ブログ

新年、あけましておめでとうございます/2018年度タイ映画BEST作品

新年、あけましておめでとうございます
2018年度タイ映画BEST作品


本年も、よろしくお願いいたします


 日本に住んでいる人間にとって、タイの映画を観るのが年々難しくなってきています。タイ映画の衰退なのが、時代の進歩の影響なのか? というわけで、今年観た2018年公開のタイ映画の本数は少ないのですが、無理やりベスト作品を選んでみました。

【第1位】

「ブラザー・オブ・ザ・イヤー」
(Brother of the Year)

BrotherOfTheYearPoster31.jpg

 この作品は、昨年の東京国際映画祭でも上映されました。ちょっと上映時間が長過ぎる感はありましたが、ライト・コメディー調で見事に兄妹愛を描きでしていました。妹役のウラッサヤー・スプーバンを初めとして、出演者がすばらしかったです。おそらく、スパンナホン賞の作品賞候補になると思います。

[参考] タイ映画ライブラリー




【第2位】

「バイク・マン」
(Bike Man)

BikeManPoster21.jpg

 トレーラーを観た限りでは、どうしようもないいつものタイ式コメディーだろうと思って全く期待をしていなかったのです。ですが、とてもセンスのいいお笑いで、作品の最初から最後まで笑い通しでした。ラストがちょっと弱かったですけどね。とにかく、とてもおもしろい作品でした。興行面でも、予想外の?ヒットとなりました。

[参考] タイ映画ライブラリー




【第3位】

「BNK48:ガールズ・ドント・クライ」
(BNK48: Girls Don't Cry)

BNK48GirlsDontCryPoster1.jpg


 AKB48のバンコク版BNK48のドキュメンタリー作品です。この作品も、昨年の東京国際映画祭で上映されました。予想されたような内容ではあったのですが、最後までおもしろく観ることができました。表現は悪いかもしれませんが、お得な拾い物でした。

[参考] タイ映画ライブラリー




にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。旧年中はご教示いただきありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Re: 明けましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。本年も、よろしくお願いいたします。

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ