FC2ブログ

現在、日本で劇場公開中?のタイ合作作品「沈黙の達人」

現在、日本で劇場公開中?のタイ合作作品「沈黙の達人」


AttritionPoster1.jpg


 現在、日本で劇場公開中?のタイ合作作品「沈黙の達人(Attrition)」<2018年/アメリカ、タイ、香港、イギリス>です。

 スティーブン・セガールが主演だけあり、例によって邦題には「沈黙」が付いている。
 ウィタヤー・パーンシーガームは国際的に活躍している男優で、日本映画の「ルパン三世(Lupin the Third)」<2014年>、日本で公開された「サムイの歌(Samui Song)」<2017年>、「オンリー・ゴッド (オンリー・ゴッド・フォーギブズ)」<2013年/フランス、他>、「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える(The Hangover Part II)」<2011年/アメリカ>、「ラルゴ・ウィンチ 裏切りと陰謀(Largo Winch II)」<2010年/フランス、他>や「マインドフルネス・アンド・マーダー(Mindfulness and Murder)」<2011年/タイ>、「スニー・エ・レレファン(Sunny Et L'éléphant)」<2007年/フランス>などに出演している。タイ剣道クラブの代表で黒帯五段だそうだ。
 Tanapol Chuksridaは、日本でDVD化された「スコーピオン・キング 3(The Scorpion King 3 Battle for Redemption)」<2012年/アメリカ>に出演している。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで、「ナーキー 2」が大ヒット/興行収入400百万バーツ???

タイで、「ナーキー 2」が大ヒット/興行収入400百万バーツ???


NaKee2Poster11.jpg


 タイで、ファンタジー作品「ナーキー 2(Nakee 2)」が大ヒットしました。この作品は、TVドラマの続編という位置付けのようです。今回紹介する動画では、興行収入400百万バーツがどうのこうのと言っています。当ブログでは、過去に何回かタイの興行収入の数字の仕組みに関して説明してきました。通常、タイにおいて「興行収入」というと、バンコク+チェンマイ等の一部のエリアの数字を指します。つまり、タイ全土の数字ではないのです。ところが、報道では、そのことをいちいち断っていません。しかも、まれにですが、突然タイ全土の数字を使って「興行収入は○○バーツ」というような報道が出てくるのです。この「ナーキー 2」の400百万バーツというのは、明らかにタイ全土の数字です。

 とにかく、この「ナーキー 2」は大ヒットしました。おそらく、今年のタイ映画の中では興行収入第1位になると思います。10月18日に公開され、第1週目は115.39百万バーツ(バンコク+チェンマイ等の一部のエリアの数字です)というものすごい数字を挙げたのですが、第2週目以降、33.03百万バーツ、9.67百万バーツ、2.81百万バーツと急激に落ちてしまいました。現在、公開第5週目に入り、あともう1週間やってくれると私がタイへ行った時に観ることができるのですが、どうでしょうか?

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「ย้อนรอยปรากฏการณ์ 'นาคี ๒' แรงเกิน 400 ล้าน! ขึ้นแท่นหนังไทยแห่งปี」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

イサーン・ドラマのシリーズ2作目「タイバーン・ザ・シリーズ 2 パート 1」

イサーン・ドラマのシリーズ2作目
「タイバーン・ザ・シリーズ 2 パート 1」


Thi-BaanTheSeries2Part1Poster1.jpg


 イサーン・ドラマ。シアン(チャートチャーイ・チンシー)は、昔から仲の良かった女性バイ・カーオが他の男性と結婚してしまったことに大きなショックを受け仏門に入る。そして、心が落ち着いてきた時に、突然…というストーリー。
 SP Entertainment作品。シリーズの第二作目。監督は、前作と同じ若手のスラサック・ポーンソン
 本作はパート2の第一作目で、続編がある。物語の主人公は前作とは変わり、シアンになった。といっても、はっきりとした主人公というわけではないのだが。
 作品としてのストーリーがないわけではないのだが、インパクトがそれほどあるわけではない。そのため、120分超の上映時間は観ていてつらい。前作でも前半はストーリーがあるのだかないのだか分からない状態であったが、最後はまとめ上げた。しかし、本作は続編もあるせいか、消火不良のまま終わってしまっている。確かに、最後に少しサプライズはあった。だが、あまりの突然に「バイ・カーオ」が死んでしまったと言われても、バイ・カーオって誰よ?となってしまった。
 また、冒頭の火事で火が付いて動いている人間が焼死するシーンがあったり、(男性だが)裸をみせたりと、過激なシーンも気になる。
 前作とは違い、結構多くのスクリーンで上映された。興行収入は22.24百万バーツで、これをよかったとみるか今一つとみるかは微妙なところだ。本作の内容だと、続編はこの数字を超えることはできないであろう。

[ タイのDVD販売サイト ]



[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

オカマさん版の「バーン・ラチャン」?大スペクタクル史劇?の「トゥット・トゥー・クーチャート (ラスト・ヒーローズ)」

オカマさん版の「バーン・ラチャン」?大スペクタクル史劇?の
「トゥット・トゥー・クーチャート (ラスト・ヒーローズ)」


TootTooKuChartPoster1.jpg


 コメディー史劇。タイのクンラカー村では、ビルマ帝国軍が攻め入ってくる危険にさらされていた。そこで、ビルマ軍へ村人数名を潜り込ませたのだが・・・。
 物語の舞台は少々違うが、「バーン・ラチャン」における史実を念頭に製作したのではないだろうか? 監督がポット・アーノンなのでこうなって当然なのだが、その場その場のオカマさんコントの連続で、作品全体のストーリーがかすんでしまっている。これは、昔ながらのタイのコメディー作品の作り方だ。ラストも、なんというか、老いた男性ばかりか女性までもが剣でビルマ軍と戦っている。それは、いくらなんでも無理があるであろう。そして、結末は「バーン・ラチャン」かと思ったら、オカマさんたちの援軍が来るし…。
 上映時間も127分あるので、観ているのが少々つらい。撮影はきれいであった。廃墟のような寺院での撮影は、カーンチャナブリー県のサンクラブリー郡にあるワット・ソムデット・カオやムアン・バーダーン(ワット・カオ・チョン・ナム)などで撮影したものだ。ビルマ帝国の町は、カーンチャナブリー県にある映画セットでのものであろう。森の中での撮影が美しいが、これもおそらくカーンチャナブリー県内で撮影したのであろう。興行収入は、19.13百万バーツを上げている。
 ポット・アーノン監督には、日本で劇場公開された「アタック・ナンバーハーフ デラックス (アイアン・レディーズ/The Iron Ladies)」<2014年>、日本でDVD化された「マッハ! エンジェル MACH! ANGELS(Dangerous Flowers)」<2006年>、「チアリーダークイーン(I'm Lady/Cheerleader Queens)」<2004年>や「ゼアズ・サムシング・アバウト・トット(There's something about Tott)」<2015年>、「モー 6/5 パーク・マー・ター・ピー 3(メイク・ミー・シャダー 3/Mo 6/5 Pak Ma Tha Phi 3/Make Me Shudder 3)」<2015年>、「ターイ・ホーン ターイ・ヒアン(Taihong Taihien)」<2014年>の中の「15」、「デンジャラス・ボーイズ(Dangerous Boys)」<2014年>、「モー6/5 パーク・マー ター・メー・ナーク(Mo 6/5 Pak Ma Tha Mae Nak)」<2014年>、「モー6/5 パーク・マー ター・ピー(Mo 6/5 Pak Ma Tha Phi(Make Me Shudder)」<2013年>、「スパイシー・ビューティー・クイーン ・イン・バンコク 2(Spicy Beautyqueen In Bangkok 2)」<2012年>、「ホー・テーオ・テーク 4 ヘーク・ムワークムワーク・コック(Hor-Taew-Tak 4 Haek Mak Mak Kok)」<2012年>、「ホー・テーオ・テーク 3(Hor Taew Tak 3)」<2011年>、「アンボーン・チャイルド(The Unborn Child)」<2011年>、「ターイ・ホーン (ダイ・ア・バイオレント・デス/Tai Hong/Die a Violent Death)」<2010年>の中の「ソップ・ナイ・テーン・ナム(Haunting Motel)」、「ソーリー・サーランヘヨー(Sorry Saranghaeyo)」<2010年>、「オー・マイ・ゴースツ(Oh My Ghosts!)」<2009年>、「サシー・プレイヤー(Sassy Player)」<2009年>、「イン・ペー・レー・セーマクーテ(スリー・クリップルズ/Yen Pe Le Semakute/Three Cripples)」<2007年>、「バンコク・ラブ・ストーリー(Bangkok Love Story)」<2007年>、「ホー・テーオ・テーク(Hor Taew Tak)」<2007年>、スパイシー・ビューティークイーン・イン・バンコク(Spicy Beautyqueen in Bangkok)」<2004年>、「サティ・テーク スット・クア・ローク(Sati Tek Sut Kua Lok)」<1995年>などがある。

[ タイのDVD販売サイト ]



[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

タイで、11月1日公開の「ノラー」出演者によるプロモーション動画

タイで、11月1日公開の「ノラー」出演者によるプロモーション動画


NorahPoster51.jpg


 タイで、11月1日公開の「ノラー(Nora)」出演者によるプロモーション動画です。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「มารู้จักกับ 'เจด-แองเจลิน่า โฟรม็องโต้' นางเอกใหม่แกะกล่องจาก "โนราห์"」


「มาย เนม อิส บอล คุยกวนๆปนความหล่อกับ 'บอล วงกลม' จาก 'โนราห์'」


「คุยกับ 'สน เดอะสตาร์' การพลิกบทบาทครั้งสำคัญสู่ 'พรานทิพย์' ใน 'โนราห์'」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

人間と蛇人間の愛を描いたファンタジー風ミステリーSF「レジェンド・オブ・スネーク」が日本でDVD化

人間と蛇人間の愛を描いたファンタジー風ミステリーSF
「レジェンド・オブ・スネーク」が
日本でDVD化


DeepInTheJunglePoster5.jpg


 人間と蛇人間の愛を描いたファンタジー風ミステリーSF「レジェンド・オブ・スネーク」が、日本でDVD化されました。セルは確認できないのですが、レンタルは始まっています。10年前の作品をいまごろDVD化ですか? この古い作品を、よく日本の会社が買いましたね。他にタイ映画はDVD化されていないようですので、何かと抱き合わせで購入したわけではなさそうですが。

 「人間は異種生物を愛せるか?」をテーマに、人間と蛇人間の愛を描いたファンタジー風ミステリーSFとも言うのだろうか? VCDのジャケットや一部のポスターにはタイ版ゴーゴンとも言えるグー・ケン・コーンのような女性が描かれているが、作品中には頭に蛇を冠した女性は登場しない。
 映像に力があり中盤までは結構いけるのだが、タイ映画の常で後半のストーリー展開が甘い。最後でややこけてしまったのは、もったいない。全体的にはそこそこ楽しめるのだが、ストーリーをもう少し練り上げて欲しい。主人公である人間の男性は、銃で撃たれようがナイフで切り裂かれようがすぐ回復して不死身だし。それと蛇(たぶん、CG)のデザインをもう少し考えて欲しい気がする。村の女子供を皆殺しにしたりする、結構残酷なシーもある。日本でDVD化されたのは、公開後10年も経ってから。
 チェートダーポーン・ポーンディーは、日本で公開された「アタック・ナンバーハーフ 2 全員集合!(Iron Ladies 2)」<2002年>、「アタック・ナンバーハーフ(The Iron Ladies/Satree-Lex)」<2000年>や日本の映画祭で上映された「ランカスカ海戦 パイレーツ・ウォー(Queens of Langkasuka)」<2008年>などに出演している。
 チン役の主演女優プローイ・チンダチョーは、「インポッシブル(The Impossible)」<2012年/スペイン、アメリカ>などに出演している。
 パシン・ルアンウットは、日本で公開された「怪盗ブラック・タイガー (Tears of The Black Tiger)」<2000年>や日本でDVD化された「メテオ・クラッシュ(Meteor)」<2004年>に出演している。
 サクダー・ケーオブアディーは、日本で公開された「ブンミおじさんの森(Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives)」<2010年/イギリス、タイ、ドイツ、フランス、スペイン>、「世紀の光(シンドロームズ・アンド・ア・センチュリー/Syndromes and a Century)」<2006年>などに出演している。原題は「違う種を愛す」という意味。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで、12月13日公開予定のホラー「リサイド(シンスー)」のティーザー

タイで、12月13日公開予定のホラー「リサイド(シンスー)」のティーザー


ResidePoster1.jpg


 タイで、12月13日公開予定のホラー「リサイド(シンスー/Reside)」のティーザーです。この作品は、トランスフォーメーション・フィルムズの製作ということで注目しています。タイ映画界の台風の目になりそうでなれないトランスフォーメーション・フィルムズですので・・・。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「สิงสู่ official Teaser」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

11月2日公開のショート・フィルム「ルーム・カン・レーオ・ルー・ヤン」

11月2日公開のショート・フィルム「ルーム・カン・レーオ・ルー・ヤン」


 11月2日公開のショート・フィルム「ルーム・カン・レーオ・ルー・ヤン(ลืมกันแล้วหรือยัง)」です。25hoursのMVかと思ったのですが、そうではなかったです。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「本編」


テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

タイで、11月1日公開の「ノラー」のO.S.T.

タイで、11月1日公開の「ノラー」のO.S.T.


NorahPoster1.jpg


 タイで、11月1日公開の「ノラー(Nora)」のO.S.T.です。この記事を書いている時点では分からないのですが、あまりの不入りで、すでに公開は終了しているかもしれませんね。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

O.S.T.「เหนือเสน่หา」


テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイで、本日公開予定のホラー「バイラル(ピー・トーラサップ)」

タイで、本日公開予定のホラー「バイラル(ピー・トーラサップ)」


ViralPoster1.jpg


 タイで、本日公開予定のホラー「バイラル(ピー・トーラサップ/Viral)」です。

 サハモンコン・フィルム作品。ナッタシット・コートマナットワニットは、日本の映画祭で上映された「いつか暗くなるときに (暗くなるまでには/バイ・ザ・タイム・イット・ゲッツ・ダーク /ダーオ・カノン/By the Time It Gets Dark/DAO KHANONG)」<2016年>、「タン・ウォン ~願掛けのダンス~(タン・ウォン/Tang Wong)」<2013年>などに出演している。
 英題の意味は「ウイルス」、現代の意味は「電話の霊」という意味。

[詳細] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

タイ映画のDVDなら by eThaiCD .com

タイからDVDなどの取り寄せが可能です
プロフィール

asianet

Author:asianet
 初めてタイ映画を見たのは、東京の渋谷で行われたタイ映画祭。そこで「サラシン橋心中」など社会派作品を見てタイ映画もやるもんだと思ったのですが、その次にタイ映画に出会ったのは何年も後のことで国際線の飛行機内でやっていた「マッハ」。これすごいぞと思ったのでずか、そこまででした。そして仕事の関係で「アタックナンバーハーフ」を見なければならなくなり、いつの間にかタイ映画に病みつきに・・・。

AD by AdMax
AD by AdMax
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ映画 by Amazon
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
ニュー・リリース作品       by Amazon
twitter
RSSリンクの表示
twitter(タイ映画)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ